仙台の不動産売却成功ナビ|一括査定で損をしない
仙台の不動産売却成功ナビ|一括査定で損をしない » 【エリア別】仙台市の不動産売却事情 » 泉区

公開日: |最終更新日時:

泉区

泉区の不動産事情

泉区は仙台市に「泉市」の区域が編入されて誕生したエリアです。「泉ヶ岳」の麓に位置する区域で、山地や谷川、森林などの自然環境に囲まれています。
東南部域の丘陵地では、住宅開発や地下鉄南北線の開通が行われ、商業圏のベッドタウンとしても機能するようになりました。
泉区は戸建て住宅比率が5行政区の中で最も高く、駅周辺にはマンションなどの共同住宅が立ち並んでいます。しかし、泉区は元々持ち家がある家族世帯が多いため、共同住宅物件の需要はさほど高くありません。

アクセス

泉区は青葉区の上部に位置しており、区のターミナルとなる「泉中央駅」を中心に、地下鉄や市内バスが運行しています。北四番丁大衡線の開通後は、市中心部へのアクセスが容易になったほか、ビジネス・レジャー専用のインターチェンジも完備されています。

人口

泉区の推定人口は2021年の時点で 212,460人です。人口は増加傾向をキープしており、ベッドタウンの機能ゆえに働き世代が多いものの、人数は年々減少が見られ始め、単身世帯は総人口の3割まで増加しています。

参照元:仙台市役所(http://www.city.sendai.jp/chosatoke/shise/toke/jinko/suike.html)

泉区の土地相場

泉区の土地相場は2020年の時点で、取引価格が平均単価27万円/坪(8.16万円/m2)、公示価格は32万円(9.7円/m2)です。線路開通と住宅開発によってアクセス環境が整備された「泉中央」・「早乙女」エリアの需要が高く、「泉中央」は平均単価52万(15.7 万円/m2)、「早乙女」は単価34万円/坪(10.3 万円/m2)で、物件条件によって前後します。

参照元:土地価格ドットコム(https://www.tochi-d.com/?choice=area&a=1&p=宮城県&c=仙台市泉区)

参照元:土地代データ(https://tochidai.info/miyagi/sendai-izumi/)

泉区の不動産売買実績事例

戸建て

広さ 築年 階数 アクセス 価格
200m2/105m2 令和2年 - 八乙女25分 3,300万円
240m2/120m2 平成14年 - 泉中央30分~60分 2,600万円
310m2/450m2 平成14年 - 泉中央6分 17,000万円

参照元:土地総合情報システム(https://www.land.mlit.go.jp/webland/servlet/PopTradeListServlet?TTC=29001&TKC=97&TTY=2&ARC=04105&LY=9999&SFL=0&FFL=0:0&PG=1)

ターミナル駅の所在地である「泉中央」・「早乙女」エリアの物件が多いほか、築年数が平成20年前後の新しい建物が多く、自然環境に恵まれた郊外エリアの物件も人気です。駅周辺の共同住宅は需要が高く、20,000万円近い高額で取引されてます。

マンション

広さ 築年 階数 アクセス 価格
70m2(3LDK) 平成24年 - 泉中央5分 3,300万円
85m2(4LDK) 平成11年 - 八乙女9分 2,300万円
70m2(3LDK) 平成13年 - 八乙女8分 2,100万円

参照元:土地総合情報システム(https://www.land.mlit.go.jp/webland/servlet/PopTradeListServlet?TTC=29001&TKC=07&TTY=2&ARC=04105&LY=9999&SFL=0&FFL=0:0&PG=1)

地下鉄南北線の開通と同時期に建築されたためか、平成以降且つアクセス良好な建物が多い傾向にあります。値幅は小さく2,000万円前後の件数が多い他、1,000万円以下の取引物件もあるなど、他の物件に比べて需要は低いと考えられます。

土地

広さ 築年 階数 アクセス 価格
195m2 - - 泉中央19分 1,800万円
155m2 - - 八乙女7分 1,900万円
1,000m2 - - 商業地 泉中央 30分~60分 8,600万円

参照元:土地総合情報システム(https://www.land.mlit.go.jp/webland/servlet/PopTradeListServlet?TTC=29001&TKC=96&TTY=2&ARC=04105&LY=9999&SFL=0&FFL=0:0&PG=1)

泉区の持ち家比率は高く転入者も少ないため、土地の需要は需要は高くありません。戸建てやマンションに比べると、アクセス条件の良い物件は少ないこともあり、2,000万円以下で取引されているケースも多く見受けられます。

泉区の取引件数

土地 102件
土地と建物 227件
中古マンション 62件
農地 3件
林地 2件

参照元:国土交通省|土地総合情報システム 不動産取引価格情報検索より2020年第2四半期(過去1年間を含む)の件数を抽出(https://www.land.mlit.go.jp/webland/servlet/MainServlet)

泉区では自分の持家がある住人が多く、他区に比べて賃貸料金が高いこともあり、マンションの需要は低く、交通アクセスの良い小規模な共同住宅が好まれる傾向にあります。

加えて、外部からの転入者が減少している事から、マンションや住宅用土地の需要は更に下がり、駅周辺の中古戸建てか小規模共同住宅に人気が集中する可能性が高いです。

一括査定では
理想の売却は叶わないかも?