仙台の不動産売却成功ナビ|一括査定で損をしない
仙台の不動産売却成功ナビ|一括査定で損をしない » 【エリア別】仙台市の不動産売却事情

公開日:|最終更新日時:

【エリア別】仙台市の不動産売却事情

仙台市の都心部は以下の5区で構成され、「5行政区」と呼ばれています。各々が独自の発展を続けており、不動産の需要・人気も大きく異なります。

青葉区

仙台市が「市制100周年」を迎えた平成元年4月に誕生した区域です。東北地方最大の都市であり、主要な商業機関・研究機関が密集する市の中枢でもあります。

区のターミナルである「仙台駅」エリアは通勤・通学を目的とした転入も多く、駅周辺のマンション・共同住宅に人気がある他、土地開発を目的とした土地物件の取引も多いです。

青葉区の不動産売却事情
を詳しく見る

泉区

仙台市に「泉市」の区域が編入されて誕生したエリアで、名前の由来でもある山「泉ヶ岳」の麓に位置します。住宅開発や地下鉄開通によって整備が進み、現在は商業圏のベッドタウンとしても機能しています。

戸建て住宅比率が5行政区の中で最も高く、元々持ち家がある家族世帯が多いため、住宅用よりも商業用を目的とした物件取引が主です。

泉区の不動産売却事情
を詳しく見る

宮城野区

市内中心部から仙台湾に広がる多様なエリアです。太平洋に面し、国際拠点港湾である「仙台塩釜港」を中心に、ウォーターフロントやビーチなどの観光スポットが広がっています。

「東日本大震災」以降、復旧活動による住宅再建が盛んになり、新築戸建ての需要が大きく上昇しています。農産業の発展も著しく、農地物件の取引も行われています。

宮城野区の不動産売却事情
を詳しく見る

若林区

若仙台市の東南部に位置し、泉区以外の5行区域と太平洋に面したエリアです。仙台の一大流通拠点として発展し、卸売業・運輸業の拠点である中央卸売市場を経済活動の主軸としています。

震災以降は郊外住宅地域では市街地整備が行われ、住宅開発や交通整備などの区画整理によって、住宅・土地物件は需要上昇が続いています。

若林区の不動産売却事情
を詳しく見る

太白区

仙台市の南西部に位置し、東西を流れる名取川に沿って広がるエリアです。市南側の玄関口であり、東北本線・東北自動車道が通る交通の要衝でもあります。

アクセス・自然資源の両条件に恵まれ、市圏南部の広域拠点としても発展を続けており、土地開発や施設整備が盛んに行われ、商業用の宅地・土地や中古マンションの取引が活発です。

太白区の不動産売却事情
を詳しく見る

一括査定では
理想の売却は叶わないかも?