仙台の不動産売却成功ナビ|一括査定で損をしない
仙台の不動産売却成功ナビ|一括査定で損をしない » 仙台の不動産売却事例集 » 仙台における市街化調整区域の不動産売却事例と注意点

公開日: |最終更新日時:

仙台における市街化調整区域の不動産売却事例と注意点

このページでは、市街化調整区域にある不動産の売却について紹介しています。市街化調整区域の不動産売却においてよくある悩みや、売却の際におさえておきたいポイントなどについてまとめました。市街化調整区域にある不動産売却を検討されている方はチェックしてみてください。

市街化調整区域の不動産売却事例

仙台近郊における市街化調整区域の不動産売却事例は見つかりませんでした。

市街化調整区域の不動産売却でよくある悩み

買い手が見つかりにくいことがある

一般的に市街化調整区域は買い手が見つかりにくいという傾向があります。その理由はさまざまありますが、例えば住宅ローンが通りにくいという理由があります。これは金融機関で提供している住宅ローン商品の場合、「建築場所が市街化調整区域ではないこと」という制限があるためです。新しい土地を購入して家を立てようと思った時、ローンが組めないとなると家を購入することは難しくなってしまうため、なかなか買い手が見つからないことになってしまいます。 また、市街化調整区域はそもそも都市部ではないため生活に必要なさまざまな施設が遠いことが多いですし、さらに電気やガスなどのインフラ施設が整っていないことも。

加えて、市街化調整区域にある土地に建物を建てたいと思った場合には、自治体の許可が必要です。申請に手間も時間も必要となってしまうため、土地の購入を控える場合が多く、結果として買い手が見つかるまでに時間がかかってしまいます。

農地の場合売却先の範囲が狭まる

地目(土地の用途による区分)が農地と定められている場合には、より売却が難しくなってきます。市街化調整区域にある土地の中で農地となっている場合には、簡単に売り出すことができないためです。

農地を売却するためには、農業委員会の許可が必要ですし、農地を購入できるのは「地域の農業委員会に許可を得た農家もしくは農業従事者」に限られるということが農地法によって定められています。

農地を宅地に地目変更を行ってから売却をするという方法もありますが、市街化調整区域を設定した理由の一つとして「農地の保護」があるため、宅地への転用は難しいといえるでしょう。

市街化調整区域の不動売却のポイント

実績のある不動産会社に相談してみる

市街化調整区域にある土地を売却したい場合には、まず市街化調整区域の土地を売却した実績のある不動産会社に相談をしてみましょう。上記に述べた通り、市街化調整区域にある土地の売却を行う場合にはさまざまな制約が出てきますので、経験のある不動産会社であればスムーズに話を進めてくれるはずです。

気長に売却活動を行う

また、市街化調整区域にある土地の場合には、なかなか買い手が見つかりにくいため、焦らず長い目で売却活動を行うこともポイントのひとつです。もちろん急いで売却を行う必要がある場合には、依頼する不動産会社にその旨伝えることが必要でしょう。

信頼できる不動産会社を見つけよう

市街化調整区域の売却について説明してきました。市街化調整区域にある土地は、一般的に売却することが難しいと言われていますので、まずは経験が豊富な不動産会社を見つけることが大切。不動産会社探しをする時には、これまでに市街化調整区域にある土地の売却経験があるかどうかを確認しながら、信頼できる会社を探すようにしましょう。

一括査定では
理想の売却は叶わないかも?