仙台の不動産売却成功ナビ|一括査定で損をしない
仙台の不動産売却成功ナビ|一括査定で損をしない » 仙台の不動産売却事例集 » 仙台における狭小地の不動産売却の事例と注意点

公開日: |最終更新日時:

仙台における狭小地の不動産売却の事例と注意点

このページでは、狭小地の不動産売却についてまとめています。売却を考えたときによくある悩みや、売却をする上でポイントになる部分などについて解説していますので、狭小地の不動産を売却したいと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

狭小地の不動産売却事例

仙台における狭小地の不動産売却事例は見つかりませんでした。

狭小地の不動産売却でよくある悩み

狭い

狭小地の不動産は、単純に「狭い」という理由で買い手がなかなか見つからないことがあります。

そもそも、一戸建てを購入したいと考える人の多くが、「広い家に住みたい」「子どもが生まれたので、鳴き声や子どもが遊ぶ声を気にする必要のない家が欲しい」といった希望を持っています。

そのため、狭小地の場合はこういったニーズを満たすことが難しくなります。

変形地が多い

狭小地の特徴として、例えば縦長などいわゆる「変形地」が多いという特徴もあります。

郊外など広い土地を確保できる場所であれば、狭小地を作る理由がありませんので、駅前など開発が進んでいるエリアに多い傾向があります。

変形地は使いづらいものが多いことから、売却がしにくいという特徴があります。

特殊な仕様・間取りの住まいが多い

狭小地に建てた住まいの場合には、特殊な仕様や間取りの家が多い傾向があります。これは、家の中にいて狭さを感じさせないため。さまざまな工夫が取り入れられていることが多くなっています。

しかし、デザインや仕様が特殊な狭小住宅の場合、その点がネックとなって売り先が限られてしまうことも多く見られます。

住宅ローンが組みにくい

一般的に、狭小地の不動産は他の不動産よりも人気が低くなっています。このことから、他の不動産よりも高く売れる可能性が低いため、ローンの担保としての価値が低いとみなされてしまいローンが組みにくいことがあります。

住宅を購入する場合には、まずローンを組むことを前提として考える人が多いため、ローンを組みにくい狭小地の不動産売却には注意する必要があるといえるでしょう。

狭小地の不動売却のポイント

立地の良さをアピールする

すでに述べたように、狭小地は開発が進んでいるエリアに多い傾向があります。そのため、自身が売却しようと考えている不動産が利便性の良いエリアにあるようであれば、立地の良さをアピールすることが有効と考えられます。

不動産売却においては「大きな駅まで近い」といった点は大きなアピールポイントとなります。他にも、買い物が便利だったり、周辺の環境に恵まれていたりするなど、アピールポイントがないかを探してみてください。

競合の物件と比較して良さをアピールする

不動産を購入しようと考えている方は、いくつかの物件を比較検討しているケースが多いといえます。

そのため、競合物件と比較することで買主にアピールするという方法もあります。例えば、同じエリアの物件と比較している場合には、同じエリアなのに価格が安いという点をアピールすることがおすすめです。

内覧時に買主にアピールする

もし、物件を内覧したいという希望を持つ人が出てきた場合には、中を見て物件を気に入ってもらえるようにアピールすることが必要です。内覧に参加をして、購入を検討している人からの質問に答えるなど、内覧の満足度をアップさせて物件そのものの印象をよくすることもポイントです。

更地にして売却をする

どうしても売却が難しい場合には、更地にしてから売却をするという方法もあります。ただし、更地にするには解体費用がかかりますので、無用な解体をしないためにも不動産会社などに1度相談することが必要です。

もし、更地にしても売却の可能性が高くないということであれば、解体工事の費用を負担するメリットは少ないため、他の方法を考える必要があるといえるでしょう。

仙台で狭小地の不動産を売却するなら

狭い、仕様が特殊などの理由から売却が難しくなりがちな狭小地の不動産。しかし、絶対に売れないというわけではなく、しっかりと対策することによって売却の可能性を高めることができるでしょう。

そのためには、不動産会社などに相談してみることがおすすめ。どのような対策をすれば早期に売却できる可能性を高められるのかを話し合いながら進めていってください。

一括査定では
理想の売却は叶わないかも?