仙台の不動産売却成功ナビ|一括査定で損をしない
仙台の不動産売却成功ナビ|一括査定で損をしない » 仙台の不動産売却事例集 » 仙台の旗竿地の売却事例と注意点

公開日: |最終更新日時:

仙台の旗竿地の売却事例と注意点

このページでは、旗竿地と呼ばれる土地の売却を行う上でのよくある悩みやポイントなどについてまとめています。旗竿地に該当する土地の売却を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください。

旗竿地の不動産売却事例

仙台近辺で旗竿地の不動産売却事例は見つかりませんでした。

旗竿地の不動産売却でよくある悩み

再建築不可の可能性がある

旗竿地を売却しようとしている場合に、なかなか売却が進まない場合があります。

その中の理由として、まず「再建築不可」に該当している可能性がある点です。建物を立てる際に適用される建築基準法の接道義務を満たしていないと、現在の建物を取り壊して新しい建物が建てられません。新しい建物が建てられないとなると、住宅用途としての売却が非常に難しくなる、という問題が出てきます。

以上のことから、まずは売却しようとしている土地が接道義務を満たしているかどうかを確認する必要があるでしょう。特に、1950年以前に旗竿地に建物を建てていた場合には再建築不可に該当する可能性があるため注意が必要です。 このようなケースの場合は、隣家と相談して等価交換をするか、もしくは再建築不可物件の買い取りに対応している業者への売却を検討する方法が考えられます。

売却価格が下がってしまう可能性がある

上記で説明している通り、再建築不可に該当している場合には土地の売却価格が下がってしまう可能性があります。もし再建築不可に該当していない場合でも、さまざまな理由で売却価格が下がってしまうことがあります。

例えば、旗竿地に家を建てた場合には車の出入りがしにくかったり、日当たりや風通しが悪かったりと条件が悪いと判断されることがあるでしょう。また、入り口が狭くなっている特性上、新しい家を建築するための重機が入りにくくコストが余計にかかったり、奥まった土地であるために防犯上での不安があるなど、さまざまな懸念事項が考えられます。

ただし、旗竿地であっても日当たりや風通しが良い、防犯対策がしっかりとされているなど条件が良いと判断されれば、価格を下げずに売却を行える可能性があるといえるでしょう。

旗竿地の不動売却のポイント

旗竿地の売却に強い不動産業者に相談する

旗竿地のような特徴がある土地を売却したい場合には、これまでに売却の経験がある不動産業者に相談することがポイントといえるでしょう。このような変形地や不整形地の売却経験が豊富であれば、その分売却のノウハウもあると考えられますので、売却そのものもスムーズに進めることができるでしょう。

不動産会社による買い取りも検討する

特に再建築不可などの場合は、買い手を探すまでに非常に時間がかかる場合もあるでしょう。特に急いで売却を行う必要がある場合などは、売却価格が下がるものの業者の買い取りを利用するのもひとつの手です。売却までに時間がどれだけあるかを検討しながら、買い手が見つかるのを待つか、それとも業者に買い取りを依頼するかを検討することをおすすめします。

経験豊富な不動産会社に相談を

旗竿地の売却について解説しました。旗竿地を売却しようとした場合には、再建築不可に該当していたり、そもそも条件が悪いなどで売却に時間がかかったり価格が安くなってしまったりといった可能性が考えられます。このような状況でも売却を成功させるためには、経験豊富な不動産会社に相談することが大切といえるでしょう。

一括査定では
理想の売却は叶わないかも?