仙台の不動産売却成功ナビ|一括査定で損をしない
仙台の不動産売却成功ナビ|一括査定で損をしない » 不動産売却するなら知っておきたい基礎知識 » 不動産を売却したいタイミングとは?

公開日: |最終更新日時:

不動産を売却したいタイミングとは?

不動産はいつでも売却することはできるものの、売却をしやすいタイミングや売却に適したタイミングがあります。どのような時期であれば不動産売却を行いやすいのかを見ていくことにしましょう。

不動産を売却しやすいタイミング

2月から3月は売却しやすい

まず、1年のうち2〜3月ごろは住み替えの需要が高まる時期です。これは転勤で引っ越したり子供の進学による影響があるため。住み替えしたいという人が多くなることから、好条件で売却しやすい時期といえるでしょう。

実際に、2019不動産統計をみても、2〜3月の売却価格が高いというデータも出ているため、2月までには家を売り出せるように手続きを行っておくことがおすすめです。そのためには、年末から売却準備を進めておくとスムーズに進む可能性が高いです。

築年数が浅いうちに売る

家は築年数が経つほどに価値が下がりますので、売却を考えているなら少しでも早く売却するのがポイントです。

戸建ては一般的に木造建築が多いことから、マンションと比較すると資産価値が下落するスピードは早いと言えます。特に、急激に下落するのが築10年まで。一般的には新築の約半分まで落ちるとされています。

このことから、売却するのが1年遅くなるだけでも価値が大きく変わってくるため、できるだけ早く売却の手続きを行うようにしましょう。

ローン金利が低い時期

ローン金利が低い時期の方が、金利が高い時期よりも売却がしやすいといえるでしょう。これは、住宅ローンを組むときには金利が影響するためです。金利が低いほどローンが組みやすくなります。同じ金額で不動産を購入したとしても、金利が低ければ最終的な支払い金額は大きく変わってきます。

このことから、金利が低い時期の方が不動産は売却しやすいといえます。

税金の優遇措置が受けられる時期がある

不動産を売却するタイミングによっては、売却で発生する税金に対する優遇措置を受けられることがあります。

たとえば、マイホームを売却することによって発生した譲渡所得から3,000万円を差し引ける「3,000万円特別控除」が挙げられます。この控除は、現在住んでいる場合はどの時期に売っても問題ありませんが、空き家の場合はその家にすまなくなってから3年目の12月31日までに売却をするとこの控除の適用が受けられます。

このように、税金の優遇措置が受けられるタイミングに合わせて売却時期を決めるのも一つの手です。

相続税の優遇を受けられる期間もある

不動産を相続してから3年10ヶ月までに売却することで、「取得費加算の特例」が適用されます。これは、納付した相続税の一部を取得費に加算し、譲渡益から控除できるものです。この特例が適用されることで、納税の負担を軽減できますので、不動産を相続した方はぜひチェックしておきたい内容といえます。

まとめ

不動産を売却するのに適したタイミングはさまざまあります。自身の都合もあるでしょうから、どのタイミングで売却すると良いのかをしっかりと検討すると良いでしょう。不動産の売却を検討している方は、ベストなタイミングを見極めてください。