仙台の不動産売却成功ナビ|一括査定で損をしない
仙台の不動産売却成功ナビ|一括査定で損をしない » 不動産売却するなら知っておきたい基礎知識 » 不動産売却のメリット・デメリット

公開日: |最終更新日時:

不動産売却のメリット・デメリット

不動産売却は必ず利益を得られる訳ではなく、場合によっては損失を被ってしまう恐れもあります。売却のメリットだけでなく、デメリット・リスクについても熟知しましょう。

不動産売却のメリット

資産を現金化できる

不動産売却における最大のメリットは、資産を現金化できる事です。また、現金化することで相続時の遺産分割がしやすくなるという利点もあります。

維持費・課税の負担を軽減できる

入居者がいない住宅の管理は、原則として物件の所有者が行います。加えて、税金(固定資産税・都市計画税など)を支払う義務も発生しますが、売却する事でこれらの負担を軽減できます。

住宅ローンの完済が出来る

売却で得た資金で住宅ローンを完済することで、銀行保証料が戻ってきます。更に、その後の利子負担もなくなるので、ローン返済に困っている時の最終手段にもなります。

先払いした災害保険料が戻ってくる

売却する物件が火災保険・地震保険などの災害保険に加入しており、且つ保険料を先払いしていた場合は、残っている年数分の解約返戻金を受け取ることが可能です。

不動産売却のデメリット

譲渡費用・税金が発生する

不動産の売却はコストがかかり、「譲渡費用」として仲介手数料や測量費、印刷税などの経費が必要になります。物件によっては、不動産売却で得た利益に対して「譲渡税(所得税・住民税)」が課税されます。

損失のリスクが発生する

不動産の売却は、会社への相談から引渡しまでに長期間を要します。その間に売却価格が急落する恐れもあり、タイミング次第では大損失を被ってしまう危険性もあります。

相続税の金額が増える

相続財産の算出をする際、不動産は現金よりも経済的価値の低い遺産として扱われます。不動産を現金化することで、相続財産の価値が上がり、税金増額に繋がってしまう恐れがあります。

広い視野でアドバイスをくれる会社に頼もう

持っている不動産は、売却するだけが活用方法ではありません。視野を広げれば、より良い活用方法が見つかる可能性もあり、「一括査定して良い価格に提示してくれた会社にお願いする」、というだけでは損をする事もあるのです。
最良の活用方法を見つけてもらう為にも、幅広い視野からアドバイスをくれる不動産会社に相談する事をおすすめします。

一括査定では
理想の売却は叶わないかも?